關於部落格
  • 1654

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    追蹤人氣

マビノギ英雄伝 RMT

Rfifa 15 rmt pc
。何より、パレルモがこの試合に向けて完璧な研究と対策を練ってきた成果とも言える。  パレルモは、まずミランにとって最大のストロングポイントとなっている本田とアバーテの右サイドでのコンビネーションを寸断した。 マビノギ英雄伝 RMT ストロングポイントを全て消されたミラン  アバーテの前半のプレーエリアを見ると、ペナルティエリア右横の位置に入り込んだ割合が、わずか2.17%。ここまでの平均では10%を超える割合を記録しているだけに、極端に低い数字となっている。  本田のプレーエリアを見ると、アタッキングサード中央の位置へ侵入した割合が24.14%となっているため、平均に近い割合で外から中へ動いていることがわかる。  つまり、アバーテにとってオーバーラップするスペースはあったものの、低い位置に留められたという状態だった。  さらに、攻め上がりが制限されたことでクロス本数もわずか1本に抑えられた。通常、前半のみでも5本前後を記録するだけに、完全に武器を封じられた結果となった。  オプタのデータを基にした攻撃・守備・ポゼッションでのレーティング「パフォーマンス・スコア」を見ると、アバーテの前半は-16点。チーム内ではサパタの-37点に次いで低い評価となった。  また、パレルモは本田とアバーテの右サイドの他に、もう1つの武器と言えるナイジェル・デ・ヨングの存在も忘れてはいなかった。  アンカーポジションで中盤に安定感をもたらし、攻撃の起点となっているデ・ヨングに対して、パレルモは2シャドーの2人、バスケスとボルゾーニが厳しくマークすることで自由を奪った。  デ・ヨングのパスを出した位置を見ると、ほとんどが自陣ゴール前からのもので、横パスが大半を占めていた。通常であれば、デ・ヨングはセンターサークル付近でパスを出し、積極的な縦パスで攻撃のスタートを切る役割を担っていただけに、ミランにとってデ・ヨングが封じられたのは痛かった。 マビノギ英雄伝 育成代行  パフォーマンス・スコアでも-4点と、やはり低い評価に終わった。 後半に入ると、2点のリードを奪ったパレルモは、しっかりと守備を整えてミランの攻撃を受け流した。  試合後のスタッツを見ると、ポゼッション率はミランの63.2%に対してパレルモは36.8%、パス本数でもミランの482本に対してパレルモは247本とミランが大きく上回っていた。  それでも、試合を見た印象としてはミランは“何もできなかった”。シュート数を見ると、ミランの14本に対してパレルモは13本とほぼ五分
相簿設定
標籤設定
相簿狀態